最近の農家事情

小沢氏聴取 特捜部“直接対決” 「政治家のウソ」追及(産経新聞)

 昨年3月の全面対決から約10カ月。民主党の小沢一郎幹事長と東京地検特捜部の攻防は23日、小沢氏の任意聴取という“直接対決”に発展した。「政治資金に関してはすべてオープンにしている」。ことあるごとにこう胸を張り続けた小沢氏。聴取では自身の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件について関与を否認したとみられる。しかし、捜査の過程でこうした小沢氏の言葉は覆されつつある。特捜部は国民を欺き続けた「政治家のウソ」という構図を描こうとしている。

 ■偽装

 昨年3月4日午前。小沢氏は全身にカメラのフラッシュを浴びていた。前日に、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)が西松建設の違法献金事件で逮捕されていた。

 「政治資金についてはすべてオープンにしている。収支を全部公開しているのは私だけではないか」

 民主党本部で開かれた記者会見で、小沢氏は国民に向かってこう強調した。この言葉が「ウソ」だったことが後に判明する。陸山会の土地購入をめぐる事件の捜査をきっかけに、政治資金収支報告書に記載していない収支がいくつも出てきたのだ。

 同事件の逮捕容疑だけを見ても、平成16年分は土地代金の原資4億円の収入と土地代金約3億5千万円の支出、19年分は小沢氏への返済金名目の4億円の支出…。

 「ウソ」は土地代金の原資についてもあった。この土地購入が問題となった後の19年2月、小沢氏は会見で「土地購入の原資は銀行からの融資だった」と述べた。

 しかし実態は、融資は土地代金の原資4億円を隠すための偽装工作だったとされる。融資を受ける直前に土地代金を支払っていたからだ。小沢氏は偽装工作が発覚すると、今月16日の党大会で「私どもが積み立ててきた個人の資金」と「ウソ」を修正した。

 さらに、同じ19年の会見で、小沢氏は「確認書」なるものを報道陣に提示している。登記上の所有権は小沢氏個人の名義だが、事実上の所有者は陸山会−というものだった。

 確認書の作成日付は陸山会が収支報告書に土地購入を記載した17年1月7日。ところが、実際に作成した日付は会見の直前だった。土地購入が問題となり、慌てて帳尻あわせをしたとみられる。これも偽装工作といえるものだ。

 「収支報告書に記載していない収支」「土地代金を装った融資」「陸山会の所有権を主張した『確認書』」…。小沢氏が偽装と気付いていたかは不明だが、自らの言葉で事実上、3つの「ウソ」を付いていたといえる。

 ■裏金

 聴取の焦点となった土地代金の原資。小沢氏は今月16日の党大会で「何ら不正なお金を使っておるわけではありません。個人資金でございます」と強弁した。

 しかし、特捜部の目は“ゼネコンからの裏献金”に向いている。党大会での言葉を4つ目の「ウソ」とみているのだ。

 小沢氏の地元、岩手県奥州市で進められている胆沢(いさわ)ダム工事をめぐり、水谷建設元幹部らが土地購入があった16年10月に民主党衆院議員の石川知裕容疑者(36)に裏金5千万円を渡したと供述しており、これらの供述が詳細を極めているからだという。

 また、水谷建設元幹部らは17年4月に大久保容疑者に5千万円を渡したとも供述している。同年3〜5月には小沢氏から陸山会に4億円が入金され、同額が戻されるという不自然な資金移動があった。

 石川、大久保両容疑者は水谷建設を含めたゼネコンからの裏献金を否定しているとされる。しかし、特捜部は土地代金の原資に裏献金が含まれていたとみて、ゼネコン捜査を継続している。

【関連記事】
小沢氏聴取 疑惑の核心、不自然な説明
「最終戦争」国民の軍配は
小沢氏聴取 語気強め裏献金否定
石川容疑者「不正はない」 民主党議員にコメント
小沢氏聴取で中国新華社「民主党支持急落招いた」

要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」−日医(医療介護CBニュース)
<人工歯根>豊橋市保健所に問い合わせ殺到 使い回し疑惑で(毎日新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
[PR]
# by nnycr2afci | 2010-01-31 08:55

<朝青龍関>暴行された男性は鼻骨折(毎日新聞)

 大相撲の横綱・朝青龍関(29)に暴行されたとして、飲食店で働く知人男性が警視庁麻布署に被害相談をした問題で、男性は鼻の骨を折り1カ月の重傷を負ったとする医師の診断書のコピーを麻布署に提出していたことが分かった。男性は27日の時点で被害届を出していない。被害届が出されれば、麻布署は傷害容疑で朝青龍関から事情を聴く方針。【山本太一】

【関連ニュース】
日本相撲協会:朝青龍を厳重注意 知人突き飛ばしで
朝青龍関:暴行は別人?飲食店の知人男性が警察に被害相談
大相撲初場所:横綱対決は白鵬に軍配 把瑠都は12勝目
大相撲初場所:白鵬2敗目、朝青龍が1敗守り単独トップに
大相撲初場所:両横綱は1敗守る…把瑠都ら3人も 8日目

元フィギュアコーチに懲役7年=教え子の女子中生に暴行−名古屋地裁(時事通信)
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)
生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)
山崎前副総裁 公認問題決着後、進退自ら判断(毎日新聞)
農家男性に婚活の場、合コン毎月開催へ(読売新聞)
[PR]
# by nnycr2afci | 2010-01-29 20:21

現金授受現場に同席者…「紙袋渡すの見た」 水谷建設裏献金疑惑(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、水谷建設元幹部が、平成17年4月に小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)に裏献金5千万円を渡した際、共通の知人が同席していたと東京地検特捜部に供述していることが26日、関係者への取材で分かった。知人も同席していたことを認めているという。大久保容疑者は否定しているが、特捜部は現金授受を裏付ける重要な証言とみて、さらに詳しく調べている。

 元幹部が17年9月に盛岡市内のホテルで、同月11日に投開票が行われた衆院選の陣中見舞いとして、大久保容疑者に現金2千万円を渡したと供述していることも新たに判明。この場にも、5千万円授受のときと同様、この知人が同席していたという。

 水谷建設元幹部は特捜部に対し、16年10月、東京都港区の全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル東京)で、紙袋に入れた現金5千万円を当時陸山会の会計事務担当だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)に渡したと供述。さらに、17年4月にも同ホテルで大久保容疑者に5千万円を渡したと供述しているとされる。

 いずれも裏献金は国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注の謝礼だったとしている。

 関係者によると、元幹部は1回目の5千万円の授受の際は石川容疑者と2人だけだったと説明したが、2回目の5千万円の際は共通の知人が同席していたと供述したという。知人も特捜部の任意聴取に「17年4月の全日空ホテルと、9月の盛岡市内のホテルで、元幹部と大久保秘書の3人で会い、元幹部が現金が入っていたと思われる紙袋を渡すのを見た」と証言したとされる。

 知人は平成20年までの6年間に個人と会社名義で、小沢氏が代表を務める「民主党岩手県第4区総支部」に計70万円を献金していた。大久保容疑者とは以前からの知り合いで、知人が元幹部に大久保容疑者を紹介したといい、元幹部が東京・向島の高級料亭で大久保容疑者を接待した際、同席することもあったとされる。

 このため、特捜部は、現金受領の有無について大久保容疑者を重点的に取り調べているが、大久保容疑者は「元幹部からは料亭で2回程度接待を受けたが、5千万円や2千万円は受け取っていない」と否定しているという。石川容疑者も現金受領を否認しているとされる。

【関連記事】
原口氏も小沢氏批判?「国会で疑いを晴らすべき」
小沢氏政治資金問題 自民調査団が胆沢ダム視察
あの対決姿勢は何だったの?小沢一転、異様な“低姿勢”
「小沢支配」で独裁国家に 自民よ、返り血恐れず戦え
小沢氏を批判!「政治資金での不動産購入は不適切」前原国交相

<名誉棄損>飯島氏発言報道で本社に賠償命令 東京地裁(毎日新聞)
治験活性化検討会、報告案を大筋で了承(医療介護CBニュース)
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」 衆院予算委質疑詳報 (産経新聞)
市バスが電柱に衝突、14人負傷=京都(時事通信)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
[PR]
# by nnycr2afci | 2010-01-28 18:45

「妻と子供殺した」=府警に出頭、男逮捕−大阪府警(時事通信)

 家族3人を殺害したとして、大阪府警淀川署は25日、殺人容疑で、大阪市淀川区十三東、調理師浜田誠容疑者(42)を緊急逮捕した。同署によると容疑を認め、借金に悩んでいたという趣旨の供述をしているという。
 同署などによると、浜田容疑者は25日午後3時55分ごろ、府警曽根崎署に出頭。「妻と子供を殺した。自分は死に切れなかった」と供述したため、署員が同容疑者の自宅を訪れたところ、女性2人、男性1人の遺体を発見したという。 

【関連ニュース】
発見遺体は不明女性=中国人男ら遺棄容疑で逮捕へ
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件
不明32歳女性か、遺体発見=「埋めた」供述の男逮捕
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=靴底に被害男性の血か
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害

痴漢 愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)
社民党首、重野幹事長の続投固める=一部が反発、調整難航も(時事通信)
インドネシア人看護師候補者受け入れが難航(医療介護CBニュース)
<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)
自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)
[PR]
# by nnycr2afci | 2010-01-27 03:35



農家関連の情報を収集してます
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧